トップページコラム:森林と木材> 第3回 「木材の省エネ生産効果 」

第3回 「木材の省エネ生産効果 」

コラム:森林と木材その3 どんな製品も、それを製造するためにはエネルギーが必要です。
製造エネルギーは大気中にCO2(炭酸ガス)となって排出されるので、地球温暖化への対策には、各製品のエネルギー消費量にも目を向けなければなりません。


 木材は、鉄やアルミニウム、コンクリートといった主要素材に比べて、「製造エネルギーが格段に少ない」というメリットがあります。
エネルギー多消費型の素材に代えて、木材を活用すれば、無駄なCO2がそのままカットできるのです。


  1.森林のCO2吸収
  2.木材のCO2固定化
  3.木材の省エネ生産


この3つの働きのシナジー(相乗)効果が、地球温暖化のSTOPに大きな力を発揮していくことでしょう。


各種材料製造時におけるCO2(二酸化炭素)放出量(kg/m3:炭素換算)
各種材料製造時におけるCO2(二酸化炭素)放出量(kg/m3:炭素換算)